成功する人に特徴的なリアクションはコレ

こんにちは。山田です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

成功する人に特徴的なリアクション

さて、今日のタイトルについて。

人の変容にはタイミングも重要で誰しもがすぐに行動できるというわけではなく、これで人を評価・判断するというのは本意ではありません。

でも、どんどんブレイクスルーしていく人の言動には明確に一つ特徴がありますので参考になればとお話しさせていただきますね。

 

無意識的に問題から目をそらすわたしたち 

先日、ある経営者の方とコーチングをしておりました。

これまでのプロセスで自分のビジネスの本質を見定められ、エネルギーを高めて着々と事業を進化させているクライアント氏ですが、その日は冒頭は当日のセッションのテーマについてあまり明確では無い様子でした。

「いや~、今日は何を話しましょうかね」

自分も経験ありますが、物事が順調に進んでいると、コーチと話すテーマってなかなか明確にならなかったりします。

今の自分の状態が何も問題ないように感じられるのですよね。

でも、物事が進んでいるということは、現状や取り巻く状況が変わっているということですので、実は潜在的な問題はどんどん進行しています(本人は気づいていない(無意識的に目を反らしている)だけ)。

物事が順調にいっていると気持ちよく仕事ができるものですから、人は潜在的な問題になかなか目をやろうとしません。

問題を認識してしまうと、それを解決するためにまた苦しみますからね。

でも、物事をさらに前に進めていく、次元を変えていくためには、これまで(無意識的に)目をそらしていた問題に向き合っていかなければなりません。

 

課題が明確になって嬉しそうにする人    

話を戻しますと、クライアント氏から現状報告をお聞きしているうちに、二人の間にある課題が浮き上がってきました(不思議なことですが、ちゃんと対話していると「課題」は自ずと現れ出てきます)。

クライアント氏もこの課題に敏感に反応しているようでしたので「今のテーマってこれですよね」とフィードバックすると「はい」との回答。 

その方にとっては事業の次元が変わる非常にチャレンジングな課題ですが、そのあとのクライアント氏のお言葉がさすが。

「いやー。やめてくださいよー。」

「無意識的に目を反らして、見ないようにしていましたね。」

「ここで話した話はすべて実現してしまうので怖いんですよね。」

と心なしか嬉しそうな声でコメント。

課題に対する行動もあっという間にまとめていかれました。

 

ブレイクスルーする人の反応 

この反応の仕方に成功する人のエッセンスが詰まっていると思います。

コーチとして関わらせていただいてどんどんブレイクスルーしていく人というのは、コーチングのプロセスにおいて

・課題が明確になることを大いに喜び

・その課題に果敢に向き合うコミットメントを持っている

という明確な特徴を持っています。

 

ブレクスルーしない人の反応

一方で、ブレイクスルーしない人の反応は真逆ですね。

・課題が明らかにならないように言葉を重ね

・明らかになってしまった課題に対しては「被害者」となることで心の安定を保つ

・そして「夢」を語って妄想の中で目標達成する

 

心は苦しみたくない

夢も希望もないお話ですが、結局のところ近道などなく、一つ一つの課題が明らかになることを大いに喜び、それを一つずつ乗り越えていくしか、願望を達成する道筋はないということです。

当たり前といえば当たり前ですが、なかなかできることではありません。

なぜならば、心は「課題」が明らかになって苦しむことを望まないですから…

正しい自分の追い込み方

2016.01.21

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


ほかでは聞けない影響力の源泉
「心の参謀本部メール講座」




「心の参謀本部」ブログ更新情報に加え、ブログ内容のさらに突っ込んだ解説、公開ではなかなか書けないリアルタイムなお話など盛りたくさんでお届けしています。

 人の上に立つリーダーやその予備軍、こっそりライバルに差をつけたいあなた、巷に流通するコモディティ化した情報では満足できないあなたは是非ご登録ください。

 付録として「影響力のあるリーダーになるためのプロフェッショナルの言葉31」もプレゼントしています。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 亨(TORU YAMADA)

現代哲学からコーチングを解釈した視点をもとにクライアントさんと関わり、現実の課題に対応しながら意識の深層からの変化をガイドすることで、単なる現実面での目標達成のみならず、思考や精神のあり方自体を創造的に体質改善するトレーナーをしています。

職業は肉体改造をガイドする「フィジカルトレーナー」にならって、ビジネスパーソンの精神的な体質改善をガイドする「メタフィジカルトレーナー」を名乗っています。

注1:メンタルトレーナーとかスピリチュアル系のコーチではありません。念のため。

注2:余談ですが昔スポーツクラブでフィジカルの方のトレーナーもやっていました。