未熟な人には見えないものと、成熟した人が見ているもの

こんにちは。山田です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

さて、先日の記事の続きです。まだ読まれていない方は是非ご覧になっておいてくださいね。

「人間力」ってどういう意味ですか? だれか教えて。

2016.03.18

前回は「「人間力」のような解釈に幅のある概念は、しっかりその意味を自分で定義付けておかないと、何かを伝えようと思ってもあなたの話は全く伝わらないものになります」ということをお伝えしました。

そして、それが元で逆に組織の中のストレスが増したりするので注意が必要ですということをお伝えしました。

それぞれ捉えている意味が違うので、話がすれ違うのですよね。

 

人間力のある人のふるまい

まず、人間力の定義と言われて「はて?」とクエスチョンマークがついたとしても、「人間力のある人」っていうのはなんとなくイメージ湧きますよね。 あなたはどんな人だと思いますか?

例えばですけど、

・包容力があり、でも筋を通すべきところはしっかりと筋を通す。

・腰が低いけれども決して卑屈にはならない。

・それほど器用に立ち回れるわけではないけれども、決して野暮な行いはしない。

・自分のことより他人の成功を何よりも喜ぶ。

・気遣い、心遣いができる。

・修羅場でテンパらない。

などなど。

まぁ、いろいろありますよね。

で、こうした「人間力のある人の姿」はなんとなく想像はつくわけです。

でも、問題なのは、どうやったらこのような力を手に入れられるか、どうやったらこのような「在り方」ができるのか、ということ。これが問題の核心です。

 

「人間教育」の結果磨かれるもの

前回の投稿では「学生スポーツにおいて躍進するチームは人間教育に力を入れている」ということを書きましたが、自分も少しだけ学生スポーツに関わらせていただいている中で思ったことがあります。

それは、しっかりと人間教育のなされたチームに所属する選手は「自分の外の世界」に対する感受性をしっかりと持っているということ。

前回の投稿で例に出させていただいたようなチームでも起こっていると思うのですが、

・宿舎の掃除をすることで、汚してはいけないと思う。 

・宿舎の周りのゴミ拾いをすることで、自分の宿舎の外にも「人」が住んでいることに気づく。

・自分の用具を大切にすることで、用具の購入の支援をしてくれた父母に感謝することができる。

・審判や運営の人に感謝することで、今こうして自分が競技に集中出来る環境に心から感謝することができる。

こうして、人間として成長することで、視野が広がり、今まで自分の世界を構成する要素として全く見えていなかったものに対する「まなざし」が芽生え、自分たちを支えてくれる他者に対する感謝の気持ちが生まれます。  

その気づきを経て初めて「自己管理」ができる人間になっていくのです。そう、他者との関係性の中で(決して小さくならずに)自分を律していけるようになることが人間的な成長です。

 

未熟な人が見えていないもの

この話をもう少しステップアップして、ビジネスや人生全般に置き換えて考えてみましょう。

結局のところ、精神が未熟だと見えているのは自分のことだけです。

自分の視線のフォーカスは完全に自分の心の中にあたり、自分の心が揺らげばそのまま動揺し、「自分はダメなやつだ」と勝手に自信をなくし、「自分の心など誰もわかってくれない」と一人で苦しみ最後は被害者になっていく。 

そこには感謝する対象としての「他者」はおらず、自分を苦しめる「他者」がいるだけです。そんな世界で生きているのは本当に苦しいと思います。

 

成熟した人が見えているもの

一方、人間力のある人、言い換えると成熟した人は、他者との関係性の中で自分の考え方、感じ方、行動を修正していくことができます。

独りよがりな思考に気づき、フィードバックに心から感謝し、謙虚に自分の行動を修正していきます。 

彼らは関係性の中で様々なフィードバックにアンテナ(感受性)を高くし、どんな小さなことからでもどんどん自分の行動を修正し、進化することで自分を守っていける」、ということに強くリアリティを感じているので、謙虚に振舞うのです。

別に人より抜きん出て道徳心が篤いということではないのだろうと思います。単にその方が成長できると思っているだけ。どんな人(自分よりもはるかに未熟な人からでも)からでも学びを得ることができるということにリアリティを持っている人が、結果的に「人間力のある人だ」と他者から見られるということなのでしょう。

 

まとめ

まとめると、人間力のある人とは、他者との関係性の中で自分の行動を修正していくことができる人

言い換えると、どんな人や物事からでも学びを得ることができる人のことです。

 

結局、どうやって人間力あげるのさ?

はい。こういう風に定義すると、どのようにすれば良いかも明快です。大事なことは「振り返り」。

昼間は思い切って仕事をして、夜になったら「今日の自分の行動は本当にあれでよかったのだろうか」と、ブルブル震えるくらいしっかりと振り返ること。

そして、その振り返った事柄に基づき、翌日以降の仕事の中でしっかりと行動を修正していくこと

人間力を上げるっていうのは、こうしたサイクルを絶え間なく回し続けるプロセスだということなのですね。

と、いうことで一緒に頑張っていきましょうね。

 

<オススメ記事>

当ブログは、現役のビジネス/エグゼクティブコーチが「高い視点」をテーマに、人間開発、人材育成、リーダーシップ、マネジメント、チーム作りなどについて論述し、読者の皆様の日々の行動の振り返りに繋がり、仕事の生産性が上がるようにという意図で運営しているブログです。

「視点が高い」という状態がどういう状態か。まずはこちらの記事からご覧ください。

【保存版】視点の高い人に特徴的な8つのこと

2016.07.18

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


ほかでは聞けない影響力の源泉
「心の参謀本部メール講座」




「心の参謀本部」ブログ更新情報に加え、ブログ内容のさらに突っ込んだ解説、公開ではなかなか書けないリアルタイムなお話など盛りたくさんでお届けしています。

 人の上に立つリーダーやその予備軍、こっそりライバルに差をつけたいあなた、巷に流通するコモディティ化した情報では満足できないあなたは是非ご登録ください。

 付録として「影響力のあるリーダーになるためのプロフェッショナルの言葉31」もプレゼントしています。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 亨(TORU YAMADA)

現代哲学からコーチングを解釈した視点をもとにクライアントさんと関わり、現実の課題に対応しながら意識の深層からの変化をガイドすることで、単なる現実面での目標達成のみならず、思考や精神のあり方自体を創造的に体質改善するトレーナーをしています。

職業は肉体改造をガイドする「フィジカルトレーナー」にならって、ビジネスパーソンの精神的な体質改善をガイドする「メタフィジカルトレーナー」を名乗っています。

注1:メンタルトレーナーとかスピリチュアル系のコーチではありません。念のため。

注2:余談ですが昔スポーツクラブでフィジカルの方のトレーナーもやっていました。