「ただの評論家」と「視点の高い人」との違いとは

 

こんばんは。山田です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

とあるマネージャーと部下の会話

さて、先日、継続的にコーチングをさせていただいている、とあるマネージャーとこんな話をしました。

そのマネージャー氏は、氏に対して反抗的な部下(でも戦力にはなっている)との関わりに苦慮していたのですが、先日その部下とこんな話をしたと報告してくれました。

「私とあなたの関係性が悪い事は本部にも知られていて、次の人事異動で私かあなたが異動する事になりそうだ。」

「ただ、私としてはあなたとの関係がこのまま終わるのは本意ではなく、あと1年だけでもあなたと一緒に頑張りたいと思っており、その旨、人事担当者に申し出たいと思っている。」

この話を伝えた時、その部下はとても意外な顔をしてマネージャーの顔を見たようです。「はじめて心と心のコミュニケーションが通じた感じだった」とマネージャー氏は私に語ってくれました。

 

心の成長はいつまでも

このようなコミュニケーションができるようになったのは心が成熟した証。

私はマネージャー氏に対して心底感動し、認知の言葉を伝えるとともに、以下のようなお話をお伝えしました。

「〇〇さん、高い視点から状況を見るという事と、評論家であることの違いって分かりますか?」 

「どちらも、俯瞰して物事を見ています。」

「でも、評論家って俯瞰してみている物事の中に「自分の姿は」ないんですよ。」

「一方、高い視点から物事を見られる人は、当事者でありながら、自分さえも問題を構成する部分として、状況を冷静に俯瞰してみる事ができる人です。」

「そういうコミュニケーションができるようになった〇〇さんは、以前よりもかなり視点が上がってきていますよ。」

 

「信頼されるリーダー」になるためにとても大事なこと

自らをも問題(状況)を構成する「部分」として見る事ができるか否か、この視点を持てるのが信頼されるリーダーの一要素ですね。

なお、後日談ですが、残念ながらマネージャー氏の申し出は届かず、その部下は別の部署に異動が決定したようですが、この接し方を続ける事ができれば、関係性はずいぶん改善されただろうと私は思います。

「自分の周囲で起こる物事は、自分もその構成要素の一部分である」

ついつい忘れがちな視点ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


ほかでは聞けない影響力の源泉
「心の参謀本部メール講座」




「心の参謀本部」ブログ更新情報に加え、ブログ内容のさらに突っ込んだ解説、公開ではなかなか書けないリアルタイムなお話など盛りたくさんでお届けしています。

 人の上に立つリーダーやその予備軍、こっそりライバルに差をつけたいあなた、巷に流通するコモディティ化した情報では満足できないあなたは是非ご登録ください。

 付録として「影響力のあるリーダーになるためのプロフェッショナルの言葉31」もプレゼントしています。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 亨(TORU YAMADA)

現代哲学からコーチングを解釈した視点をもとにクライアントさんと関わり、現実の課題に対応しながら意識の深層からの変化をガイドすることで、単なる現実面での目標達成のみならず、思考や精神のあり方自体を創造的に体質改善するトレーナーをしています。

職業は肉体改造をガイドする「フィジカルトレーナー」にならって、ビジネスパーソンの精神的な体質改善をガイドする「メタフィジカルトレーナー」を名乗っています。

注1:メンタルトレーナーとかスピリチュアル系のコーチではありません。念のため。

注2:余談ですが昔スポーツクラブでフィジカルの方のトレーナーもやっていました。