山田 亨(TORU YAMADA) 「山田 亨(TORU YAMADA)」の記事

責任を背負いすぎない勇気

座右の書 いろいろなことがあるたびに、折に触れて手に取る本があります。 その本とは世界銀行の副総裁まで勤められた西水美恵子さんの著書「国をつくるという仕事」英治出版からの刊行です。 アジア諸国のリーダーとの交流の中から様…

部下がバカに見えてしまうあなたへ(後編)

こんにちは。山田亨です。 いつもお読みいただきありがとうございます。   「思ってしまう」のは全然悪くない さて、昨日はこんな記事を書きましたが、なかなか「いいね」しにくいタイトルでしたねw  でも、改めて思うのは、別に…

部下がバカに見えてしまうあなたへ(前編)

こんにちは。山田亨です。 いつもお読みいただきありがとうございます。   少し刺激の強いタイトルをつけてみましたが、幾つかの話に飛びながら最後はちゃんとまとめていきますので、前編、後編ともお付き合いください。     人…

ある企業マネージャーのコミュニケーション改善記

こんにちは。山田亨です。 いつもお読みいただきありがとうございます。 さて、個人で契約させていただいているお客様のお話ですが、掲載の許可をいただいたので「部下とのコミュニケーション改善」というテーマでのセッションの様子か…

五郎丸選手オススメの「あの本」のお話

こんにちは。山田です。 いつもお読みいただきありがとうございます。   五郎丸選手オススメの「あの本」  さて、ラグビーW杯で大活躍の五郎丸選手がウェブメディアか何かのインタビューで紹介した本『自分の小さな「箱」から脱出…

その準備は、本当に結果を出すための準備か?

こんにちは。山田です。 いつもお読みいただきありがとうございます。     イチロー選手の名言 さて、メジャーリーグでも次々と記録を打ち立てていうイチロー選手ですが、その言葉は名言の宝庫で、自分も結構好きです。フェイスブ…

タイムマネジンメントの根幹は〇〇マネジメント

  こんにちは。山田です。 いつもお読みいただきありがとうございます。   相手は「人」     さて、なんだかんだいってもコーチングは「人」を相手にするものでありまして、コーチングのスキルはもちろんのこと、お客様にしっ…

意見が対立した時に解決策を見出す方法

いつもお読みいただきありがとうございます。 対立から合意を生み出す「第三の案」 さて、「第三の案」という言葉があります。 チーム内などでなんらか意見が対立した時に、どちらかの意見を押し通すのでもなく、逆に志の低い「妥協案…

人から受け入れられないことはありがたいこと

こんにちは。山田です。 いつもお読みいただきありがとうございます。   さて、久しぶりの更新になってしまいました。 この間、様々な階層のリーダーの皆様とお話しする機会も多く、そのような大きなエネルギーを持った方達と続けざ…